銀座の医療脱毛クリニックをお探しの方へ
2019年2月3日

レーザー脱毛の仕組み

脱毛はどれも同じものだと思っている人が多いですが、それは違います。

現在の日本で出来る脱毛は、ニードル脱毛、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛の三種類があります。このうち、レーザー脱毛だけが医療機関で行う脱毛で、残りの二つはエステやサロンなどで施術が行われています。レーザー脱毛が医療機関でしか受けられないのには、理由があります。レーザーというのは、とても高い出力を持つ光です。そのため、医師免許を持つ医師が医療機関のみで扱うことを許されています。

エステやサロンは医療機関ではないので、レーザーを使って脱毛することはできないため、フラッシュ脱毛やニードル脱毛などの異なる方法を採用しています。レーザー脱毛は、お肌の上からレーザーをあてることで施術を行います。脱毛に使われるレーザーは黒い色素に反応するので、お肌にはダメージをほとんど与えずに、毛に向って行きます。毛に到達すると、レーザーは熱エネルギーとなり毛根を破壊します。毛根が破壊されると、毛を作ることができなくなるので確実な脱毛ができます。

この仕組みを知ると、一回施術を受けただけで全てのムダ毛がなくなるように感じますが、残念ながらスムーズにはいきません。人間の毛は常に生え変わっているため、皮膚の上に出ている毛は全体の20%ほどだからです。5回ほど毛の生え変わりに合わせてレーザー脱毛の施術をすることで、ムダ毛のないきれいなお肌になることができます。

東京でしわ治療するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です