最新の試験情報

メーカーに求められる化学物質管理

製造工程で化学物質を使うことの多い工場やメーカーでは、化学物質管理の重要性が叫ばれています。

正しく管理しないことで外部に流出させるなどのインシデントを引き起こしたり、処理せずに地域へ廃棄した結果、周辺環境を汚染してしまうことも考えられるからです。仮にそうしたトラブルを引き起こしてしまうと、裁判沙汰に巻き込まれたり多額の賠償金を請求されることにもなりかねません。重要な物質を扱っていることを意識して、社内でも化学物質管理のプロセスを策定しておくことをおすすめします。

管理の基本的な考え方としては、自然環境への影響を減らし製品を使用する消費者の安全性を高めるというものになります。これらを常に評価しながら、化学物質が持つリスクを低減させていくように行動するのが大まかな流れです。まず法令で使用が禁止されているものについては、速やかに使用をやめることが大事です。法令や化学物質に関する評価は常に変化するため、最新の動向についてチェックしておくことも欠かせません。

次に危険性が疑われるものや、将来使用が禁止される可能性が高い物質については、早い段階での代替案を探し出すようにします。生産工程を変更したり、同様の機能を持つより安全性の高い物質に変更するというのが考えられるプランです。業界標準に合わせていくのも重要です。すでに同業他社で使われていない化学物質を使い続けるのは、リスクが高いからです。これらの考えに基づいて基準を策定し、化学物質管理を適切に行っていくことが求められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *