最新の試験情報

化学物質管理とは何か?

化学物質管理とは、化学物質が人及び環境に悪影響を与える可能性を抑制するための仕組みのことを言います。

科学の発展に伴って、様々な技術が活用されることになりました。これは人々の生活を豊かにするという点で重要なことでもありますが、同時に環境などに負担がかかってしまうということにも繋がっています。そこで化学物質管理が大切であると言えるでしょう。化学物質管理は基本的に、自然の中にある物質まで分解することが重要となります。自然界では微生物が様々な物質を分解することにより、環境の持続性が保たれています。

しかしながら、人間がそれまでに自然界にはなかったような物質を破棄してしまうと、微生物によって分解されることがありません。その結果、汚染などの問題が発生します。そこで化学物質管理により、微生物が分解できる水準まで人工的に浄化することが大切です。化学物質管理は各企業の倫理観に任せるのではなく、明確な法律の下で実施されています。その法律の1つが化学物質排出把握管理促進法です。

この法律は化学物質を取り扱っている事業者が自主的に管理を行うように決めたものであり、社会的な損失を生み出さないためにも重要なものとなっています。有害となる化学物質を取り扱う可能性がある事業者は必ず申し入れ、認可されない限り事業を行うことは出来ません。その排出のデータは確実に測定かつ、一般に公開されなければならないルールになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *