最新の試験情報

化学物質管理とは何か

化学物質には自然界由来のものや人工的に製造されたものなどの多くの種類があり、現代社会に利用されるものもあれば、生物にとって害のあるものや自然環境を破壊しかねないものもあります。

毒性などのリスクがある、化学物質の使用・流通などを管理して安全に利用する必要があります。安全性の向上を図るための化学物質管理という制度があります。日本のみならずアメリカなどの海外でも化学物質管理が制度化されています。化学物質管理とは、人間や環境に悪影響をもたらす可能性がある化学物質を管理する制度のことで、化学物質を安全なものに転換し、人や自然が化学物質にさらされる量を減らすことで危険性を下げます。

また、原料や製品などに含まれている化学物質の情報(毒性など)を把握する側面もあります。日本では化学物質審査規制法(化審法)というのがあり、化学物質による影響や含有している製品、用途などが様々な法律でそれらの製造と流通、使用に制限が設けられています。

新規の化学物質を製造・輸入する時は厚生労働大臣や経済産業大臣などに届け出をしなけれなならない他、一定数量以上の化学物質を製造又は輸入した場合、毎年度その数量を経済産業大臣に届け出をする義務があります。アメリカでは、化学物質管理の法律に当たるTSCA(トスカ)というのがあります。TSCAは有害物質規制(ToxicSubstancesControlAct)の略で、2016年に大統領の署名によりTSCAとして改正されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *