最新の試験情報

化学物質管理をシステム化するメリットは何か

化学物質管理をシステム化すると色々とメリットがあります。

まず年々管理の工数は増えていく一方なので、業務の効率化を図る事が出来るという点です。システム化する事で、大体3割から5割ほど省略化する事が出来るというのは非常に助かります。また二重調査の回避をする事が出来るというのもメリットです。規制や対応物質が増えるのに伴い、何回も繰り返し同じ調査をすると担当者も疲れてしまいます。さらに同じ会社で別の所から同じような調査が入る事でクレームや非対応が生まれてしまいますが、システム化すればこうした事も回避されるので便利です。他にも資料を一元管理する事が出来るというのもメリットです。

どうしても手作業や紙で管理するとなると、車内に情報が散らばってしまい、必要な時に上手く活用する事が出来ませんし、紛失の恐れもあります。しかしシステム化する事で、すぐに情報を入手する事が出来、管理もしやすくなります。それから納期管理のレベルが高くなるというのも魅力です。手作業だと調査進捗はいちいち管理表を作らないといけないので非常に手間もかかります。

しかしシステム化すれば、すぐに進捗状況を把握する事が出来ますし、仕入先への遅延に対する指導も効率よく行えるので便利です。あと会社のイメージアップにもつながるというのも大きなメリットです。化学物質管理のシステム化は、自社商品である有害化学物質が今どういう状況かという事を、きちんと管理出来ているという事を顧客や消費者へアピールする事が出来、安全性が高いと周囲から見られる事で会社のイメージアップにもなります。このように化学物質管理をシステム化するメリットは沢山あるので、まだ行っていない会社はなるべく早く行った方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *