最新の試験情報

事業展開における化学物質管理の重要性

世の中には様々な化学物質が溢れており、事業所において使われていつ化学物質を適切に管理していくことなしには事業展開に大きく躓くことさえあるといえます。

端的には工場を運営しているような事業法人においては、工場で日常的に使用されている物質、たとえばスプレー缶等において、どういった化学物質が使われているのかを管理者は知っていることが必須です。化学物質管理は特定の管理者が行っていればよいというものではなく、経営者に準ずる組織体、たとえば部長会といった高層管理者たちが行うべきものだといえます。

化学物質管理は、工場内で使われている副資材がどういった由来の物質から構成されているか、客観的に把握することから始まります。すなわちSDSといったデータを取り揃え、所属員の目にみえる場所に掲示する、万が一のことが起きたとき、たとえば有機溶剤中毒と思しき症状が出た場合、どういった方策をとればよいのか、体系的な方策を社内研修の中で行っていくこと等が重要だといえます。

化学物質管理は、従業者にとってやさしいものでなくてはありません。有機溶剤を使っている職場であれば、年2回の環境測定が義務付けられていますし、健康診断も欠いてはおけません。すべては法律に定められているルールになるのです。やっていて当然の管理となりますから、法に照らし合わせて未実行のことがないように、事業運営者は徹底して管理を強化すべき経営項目であるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *