最新の試験情報

非臨床試験はいわゆる動物実験のこと

厚生労働省の薬機法に基づく医薬品や医療機器の研究開発において、新薬の効果や安全性を調べる試験に臨床試験と非臨床試験があります。

非臨床試験とはマウスなどを用いて薬の有効性や薬理作用、生体内での副作用を調べる動物実験や細胞培養、コンピュータ上のシミュレーションなどのことです。​非臨床試験で安全性が確認された場合に人間で治験を行うのが臨床試験で、化粧品なども​治験を経て初めて市場に販売されます。​海外では食品も治験で試すことがありますが、日本では食品はモニター試験とされ区別されており、順番としては臨床試験の前に非臨床試験を行うため、以前は前臨床試験と呼ばれていました。

​治験で合格した医薬品の科学的データを申請して承認されてから製造、品質管理にクリアした薬だけが出荷して販売され、その後も再審査や再評価があり、治験の後でも後臨床試験を行うことがあります。​人間で臨床しないため非臨床試験では農林水産省の農薬取締法による農薬や飼料添加物や動物用医薬品、経済産業省の化審法に基づく化学物質なども臨床できるのが動物実験の強みです。​

単回投与毒性や反復投与による毒性試験、生殖発生やがん原性や抗原性、感作性局所刺激性試験や遺伝毒性試験など多岐に臨床ができます。治験に協力してくれるボランティア人材を確保する研究登録制度も必要なく、マウスやラットやハムスター、モルモットやウサギやイヌなどを使用するため、治験者を一定の期間隔離する宿泊機関を用意する必要もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *