最新の試験情報

非臨床のいろいろな試験

薬の開発には長い期間と莫大な費用が必要です。

その中には実験室で行われる非臨床試験を含まれています。人に使用する治験よりも前に行われて、有効性や機能、毒性の有無を確認することが目的です。主成分の有効性を確認するのは薬効評価で行われます。人に使うことができないので、細胞などを利用して薬の効き目を確認します。ここで結果が出ないようなら効かないおそれがあり、使うこと自体意味がなくなります。

溶け具合や保管条件などを確認する非臨床試験が薬理評価です。決まったところで主成分が吸収されなければ薬効が最大限に活かされません。期待した結果を得られるかしっかりと確認します。また、品質の確認が行われるのがこの試験です。母岩期間があまりに短いと供給に問題が生じます。非臨床試験で最も費用がかかるのが、毒性試験です。薬は良い結果が得られれば薬と呼べますが、悪い結果しか出なければ毒となります。その確認をするのが毒性試験です。

試験できる施設は認定制で誰でもできるわけではありません。こうすることによって一律の試験レベルが保たれることになり、結果に信頼性が得られることになります。これらは基本的な内容で薬の種類によっては、企業の判断で実施されることがあります。すべての評価が問題ないことが確認されてから治験に進むことが可能です。治験は薬を承認してもらうために実施する臨床試験で、人に使われます。非臨床試験によって安全性が確認されているので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *