最新の試験情報

非臨床の意味と人間を助けてくれている存在

非臨床試験と呼ばれる実験はかつては前臨床試験と呼ばれていたものと同じで、主に動物を使って行う実験と試験管の中で培養した細胞との両方で行われる、医薬品の薬効を調べるための重要な検査です。

試験管内で培養した細胞でおこなう場合には、生き物の命に直接影響を与えることはありませんが、その代わりに新薬として人が服用した場合、どのような病気にどんな変化をもたらすかがはっきりしないという点が不明瞭な要素として残ります。試験管を用いて培養した細胞に薬剤を投与して変化を見ると同時に、動物実験を行うことでより安全性を高め、人に投与しても安心かどうかを調べる実験の2つを称して非臨床試験と呼んでいます。

主な動物はラットやハムスター、モルモットにウサギといったネズミの仲間と、より哺乳類に近いという点で犬が用いられ、事前に人に多い糖尿病やがんなどの疾患を患った状態にしておいてから新しい薬を投与して効果を見るという流れです。ラットに関しては動物実験においてもっとも多用されているというイメージがありますが、ハムスターにモルモット、ウサギはペットとしても飼育されています。

犬にいたっては今や子どもや家族としてなくてはならない存在ですので、こうした動物たちの協力のもとで非臨床試験が行われていることは、もっと広く世間に知らせる必要があるでしょう。そうすれば不要な薬をもらって無駄にすることなく、動物たちに感謝しながら医薬品の助けを得る人がもっと増えると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *