最新の試験情報

非臨床研究に関わりたい場合に取っておくと良い資格

非臨床研究の仕事は、創薬研究とともに製造販売承認の取得を目指す医薬品の開発に携わることを可能にする仕事です。

他の職業と同様に、非臨床研究に携わりたい場合は資格等を持った状態で選考に応募すれば、採用される可能性が高くなります。非臨床研究に携わるにあたって取得すると良い資格としてまず挙げられるのは、薬剤師です。国家資格である薬剤師は、大学の薬学部を卒業、もしくは大学院の薬学研究科を修了する見込みの者と、既に薬学に関する学位を取得済みの者が試験に合格すれば与えられます。薬剤師の資格を得るまでの過程では、薬に関する知識だけでなく、人体の仕組みや医療分野の知識も習得することになるので、非臨床研究に関わる人材には最適です。薬剤師以外では、医師免許を持っている人も少なからずいるほか、人間以外の動物用の薬剤の開発を行っている所では獣医師免許の保有者も居ます。

免許を持っているに越したことはありませんが、医学部や薬学部を出ているという事実だけでも採用選考においてプラスにはたらくことが多いので、医学や薬学関係の資格が未取得でもあまり気にする必要はないでしょう。上記以外では、外国語の語学能力に関する資格もいくつか取得していると良いといわれています。これは非臨床研究の仕事をする過程で、外国の研究論文や文献にふれる機会が何度もあるためです。該当する資格の種類はたくさんありますが、国際的にも通用するようなものを取っておいたほうが仕事探しでは有利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *