最新の試験情報

治験を受けたら何をするのか

治験への参加というのは長時間の入院が必要なものから通院のみといったものまで様々ではありますが、多くの場合は参加することによって報酬を得ることが出来る為、気になっている方も多いのですが、どのようなことが行なわれるのかという疑問などもあり、なかなか参加に踏み切れない方が多いというのも現状です。

治験の種類によって行うことは異なりますが、多くの場合には使用や服用した際の体調の変化などを確認する為に行ないますので、入院を伴うことが多く、治験に参加をする前には事前に健康診断が行なわれ、この健康診断を通過しなくて参加することができないというのが一般的です。入院の場合には血圧、体温などの基礎的なバイタルの測定が朝から晩まで数回行なわれ、一日に一回から多い場合には3回ほど採血されることもあります。基本的には検査以外は自由に過ごすことできるといった傾向にあり、食事は提供されるものを摂取するというケースが一般的です。

基本的には参加者には治験の目的というのは詳しくは教えられません。それは先入観などによってデータが正確にとることが出来なくなることを避けることが目的でもあります。コレステロールを下げる効果を期待できる健康食品のデータの収集のためだと聞くと、参加者のなかには運動などを行なったり、食事を減らしてデータに良い結果を残さなくてはいけないと考えてしまうなど、データが不本意に正確にとることが出来なくなることを避けるために、参加者には公表されない傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *