最新の試験情報

非臨床で医薬品の検査を行うメリット

非臨床の検査は実際に被験者に投与することなく医薬品の安全性や効能を確認することができる方法です。

日本の場合には医薬品の管理を非常に厳しく、海外で認可された医薬品であっても、国内の基準に基づいた様々な検査を行い、これに合格しなければ基本的に使用することができません。医師の処方や薬局での販売ができないばかりでなく、場合によっては個人輸入も禁止されることになるため、非常に重要なものとなっています。しかし、そのために国内では安定的な治療を受けることができず、あえて海外にその治療を求めて移動すると言うケースも多くなっているのが実態です。その中で近年では、非臨床に夜医薬品の検査が非常に注目されています。

その理由は実際に被験者への投与が伴わないため、迅速に検査を行うことができるほか、万が一問題がある医薬品であっても、人間に害を与える危険性が極めて低くなるためです。非臨床の検査が近年非常に注目されるようになった背景には、その解析技術の高度化とシミュレーション技術の高度化があります。これまで臨床試験でしか確認をすることができなかった人体への影響がある程度シミュレーションで確認できるようになり、臨床試験での試験項目が減少したことで、認可までの期間を大幅に短縮することができるのです。これは重篤な病気などで日本国内にこれまで効果的な医薬品が存在していない場合、海外の有効な医薬品を認可する期間を短縮することができ有効な治療を迅速に受けることができる可能性を広げるものとなっています。また、医師の効果的な治療を助ける上でも非常に重要なものとなっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *