最新の試験情報

治験は薬のモニターです

様々な商品の効果を確かめるために、モニターが募集されることがあります。

商品開発をより確かなものにするために、あるいは口コミ効果を期待するために必要なこととしてよく行われていることです。ところで、薬にもモニターが募集されていることをご存知でしょうか。新薬を開発するにあたって、必ずモニターが必要となります。これを治験と言いますが、新薬の最終的な臨床試験として実際に新薬を試します。そして、その有効性や安全性が確認されます。

ちなみに、新薬だけでなく特定保健用食品(トクホ)や健康食品、検査機器などもモニターを使って商品化されています。治験はボランティアであり、強制されるものではありません。そのために基本的にはいつでも止めることが可能です。治験募集の段階においても何度も説明が行われ、健康的に問題がありそうな場合は断れることも少なくありません。いざ、治験をスタートしても、途中で不安になったり、怖くなって止めたくなることも在るかもしれません。

また個人的な都合で続けることができなくなってしまうこともあるでしょう。もちろん、一度治験を行うことを決めた以上、簡単に止めて良いというわけではありませんが、しかし実際には思ってもみなかったことが起こらないとも限りません。そのような場合は、医師や担当者と相談してみる良いでしょう。ただ、体調が悪くなったり、気分が悪くなった場合は、その時点で新薬の投与は中止されることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *