最新の試験情報

新薬は治験によって生み出される

医学の進歩には目覚ましいものがありますが、当然ながらまだ限界もあります。

適切な治療薬がないために病気が治らず、苦しんでいる人は少なくありません。このような人々の苦しみを少しでも軽減すべく、製薬会社は新薬の開発に係る努力を続けています。新薬を生み出すためには臨床実験というプロセスが欠かせませんが、その中でも特に国の承認を受けるために行われる試験のことを、治験といいます。治験によって正確なデータが得られることで、初めて医薬品として一般の人の手に渡るようになるかどうかが決まるため、非常に重要な試験であると言えます。

治験では、被験者は特定の疾患を患っている人あるいは健常者の中から選ばれます。両方を同時に選んで、薬の効き方の違いをチェックしたりすることもあります。参加者は製薬会社が広告を出したり、病院の医師が患者に参加を勧めたりするかたちで募集されます。その後、説明会や面談などを経て、文書で参加の意志を確認したうえで選出されます。

実施期間中は、参加者が指定された医療機関に入院したり通院したりしながら、薬の投与と各種の検査を受けます。実施に当たっては国が厳正な基準を設けており、医師や看護師が健康状態をチェックします。また、治験コーディネーターと呼ばれる専門職が参加者に対する窓口の役割を務め、疑問点に答えたり、相談に応じたりします。万が一不安や体調の異変を感じた時は、途中で参加を取りやめることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *