最新の試験情報

治験に参加する場合の手順について

治験は、臨床試験とも呼びます。

世の中には、たくさんの薬が存在しますがこの薬を世の中に出回るようにするには、最終的に人間の身体を通して効果の実証を確かめなければなりません。この医薬品になる候補を健康な成人・患者に使用することによって、効果・安全性・投与量・投与方法など様々な面から分析して確認する目的で行われるのが治験です。この臨床試験の結果をもとに、厚生労働省のほうで薬として認可できるかどうかを判断して問題がないと認められれば、処方できるようになります。厚生労働省のお墨付きがもらえることで、患者は安心して医薬品を使えるといえるわけです。

もしも参加する場合には、まず候補となる薬を使うことを適していると医師が判断した患者に向けて通知がきます。また、治験の参加を呼び掛ける募集も行われていますのでそこに申し込むことでも可能です。対象者は、治験の目的や方法・メリット・デメリットなどを医師や臨床研究コーディネーターと呼ばれる人から説明を受けます。大人だけではなく、子供の参加も可能です。子供の対象者の場合は、分かりやすく子ども用の説明文書を使って説明していきます。

その説明をもとに、最終的に参加するかどうかを決めてもらうという仕組みです。強制参加ではありませんので、じっくり考えることができます。参加することを伝えた場合は、同意書に署名します。子供が参加する場合は、子供の意志を確認することも必要です。1度同意した後でも薬の投与前後に関係なくいつでも参加を取りやめることもでき不利益を生じることはありません。薬の使うのに適しているかどうかは、健康診断や検査を行ってからその結果をみて医師が決めます。問題がなければ、決められた期間に決められた方法に従って薬を投与し、体調の変化や効き目などをみていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *