最新の試験情報

治験への参加は新薬を世に出すお手伝い

製薬会社が新しい薬を開発し、世に出す際は、必ず治験というプロセスを経ることになっています。

治験とは臨床試験の一種で、ヒトを対象として開発中の薬を実際に使ってみて、効果があるかどうか、安全かどうかなどを検証するというものです。治験に参加する人、すなわち被験者は、ボランティアあるいはモニターなどと呼ばれます。一般から公募され、入院または通院しながら薬を用いて定期的に健康状態のチェックを受けることで、薬の開発に貢献します。

期間は短いもので数日程度、長い場合は数か月に及ぶこともあります。一部のマスメディアなどでは、被験者のことを治験バイトと呼ぶこともあります。これは、参加することで高額の謝礼が支払われることがその理由となっていますが、あくまでも一種の社会奉仕なのでいわゆる「労働」とは異なります。実際、たとえば薬の投与を受けるために数日間入院するとしても、その間は通常の意味における「仕事」は特にありません。

ただ、普通に寝起きしながら決められた時間に薬を用い、採血や血液検査、問診などを受けるだけです。それ以外の時間は読書をしたり音楽を聞いたりするなど、自由に過ごすことができます。事前にかなりの程度まで安全性が確かめられているとはいえ、副作用のおそれもまったくないとは言えないことから、治験への参加にはそれなりのリスクもあります。ただ、自分の参加が病気に悩む人を助けるきっかけになるかも知れないと考えれば、非常に意義のある行為だと言うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *