Skip to content

フローリングをきれいに補修するポイント

物を落としたりすると傷がついてしまうフローリング。お客さんが来るときにみすぼらしいし、補修したいけれどどうすれば一番いいのかわからない、と感じている方も少なくないのではないでしょうか。フローリングの補修は、フローリングに使われている材質によってお勧めの補修の仕方が変わってきます。まず、最も一般的な合板の場合は、模様が一定方向に揃えられているのでDIYでも比較的簡単に直すことができます。

拭くだけで傷が隠れるシートや、テープタイプの傷隠し、マニキュアタイプの塗料など、初めての方でも簡単に使うことができる製品がホームセンターなどでたくさん売られています。中でもお勧めしたいのが、マニキュアタイプの傷隠し。傷を埋めるための塗料と、表面をコーティングするための塗料の2つに分かれているタイプは、傷を隠した後の耐久性にも優れています。また、塗料を塗った後にその周辺も一緒にワックスをかければ、近くで見なければ直したとわからなくなります。

一方、無垢材を使ったフローリングの場合は、合板とは違い木目の模様がランダムなので、自分で直すとその部分だけが目立ってしまいがちです。小さな傷、凹み程度であれば自分で直してもさほど目立ちませんが、大きな傷・凹みや広範囲に及ぶ傷・凹みがある場合には、専門業者に補修を依頼したほうが美しく仕上げることができ、無垢材本来の魅力を保つことができます。なお、業者に依頼する場合には補修する面積が広いほど割安になります。防熱の窓のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です