Skip to content

多少のテクニックが必要なフローリングの補修方法

フローリングは木材で作られている床材になるので、物を落してしまった場合や、家具を移動させた場合では、床面に傷が付いてしまうことが多い傾向にあります。少しの傷であればそのまま何もせずに放置している方も多くいるのですが、目立った傷の場合では、室内が古く見えてしまったり、生活感が無くなってしまうこともあるので、状態次第では補修を行うことを考えることがあります。少しの傷であれば、一般的に市販されているフローリング用の補修材で対応することができますが、凹みなどを伴っている傷の場合では簡単にフローリングの補修を行うことができない場合もあります。このケースでは、多少のテクニックが必要ですが、木材用のパテを使って直す方法があり、気になる方は実践してみることがおすすめです。

パテは凹んだ部分に対して盛り込むように付着させることが大切になり、乾燥後に肉痩せを起こしてしまう可能性があるので、少し多めに盛ることが肝心です。乾燥後にはサンドペーパーを使って平らになるように磨き上げることが必要になり、その後はペイント作業に入る方法があります。ペイントに向いている塗料に関しては、例えばプラモデル用として販売されているアクリル塗料などを活用することもでき、フローリングの木目と合わせて複数の近似色を見つけ出す方法で塗装を行うことができます。絵筆で木目を描き出す方法になるので、一定のテクニックが必要ですが、この方法であれば綺麗に補修を済ませることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です