Skip to content

フローリングを修理する方法

フローリングの修理と言うと難しそうですが、手軽に修理できるグッズがホームセンターなどで販売されています。それらを使えば、簡単にフローリングを直すことができるでしょう。修理グッズには、さまざまな種類のものがあります。色を塗ることでフローリングについた傷を目立たなくするものや、傷が深い場合は、傷をねんどなどで埋めてから直す方法があります。

シールになっているものは、自宅のフローリングと同じ柄のシールを選んで、それを傷のある部分に貼るだけです。床の模様に合わせて貼るのがポイントになります。サイズが大きい場合は、カットしてから使いましょう。クレヨンや筆のような形状のもので、傷に塗るだけで目立たなくなるグッズもあります。

フローリングは1色ではなく、複数の色が重なっています。販売されているクレヨンなども、薄い茶色から濃い茶色まで色が揃っています。いくつかのグッズを組み合わせてお使いになるとよいでしょう。実際は、傷がなくなるわけではありませんが、修理することで気にならなくなります。

また、キレイに修理したら、それ以降は傷をつけないように、テーブルやイスの足にカバーをかぶせたり、家具の下にマットを敷くなどの工夫をするといいかもしれません。傷をつけないように気をつけて暮らすことが、最も重要な点です。直していると、しだいに傷のつき方がわかってきますから、どうすれば傷がつかなくてすむかがわかるようになってくるでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です