Skip to content

フローリング修理にはこんな方法も

フローリングの修理にはこのような方法もあります。例えばへこみができた場合は濡れた布とアイロンがあれば簡単に修復できます、まずはへこんでいる部分に濡れた布をのせてください。その上にアイロンを乗せます。そうすれば木材が湿気を吸い込んでふくらんでいき、へこみがなくなっていきます。

もしもスチームアイロンがあれば濡れた布は用意せずにそのままアイロンの蒸気を当ててください。ただ直接フロアにはつけないようにしましょう、焦げるからです。これでもどうにもならないならフローリングはプロに修理してもらってください。大きく削れた部分があるなら電気ごてを使って修復する方法があります。

本格的なキットがホームセンターでも売られてるので見つけてください。修復剤をまずは削れた部分に埋め込んで電気ごてで当てます、そうすれば固まって取れません。よくクレヨン状の簡単なものが販売されていますがこれは扱いが簡単ですがその分簡単に取れてしまいます。電気ごてで修復すれば取れませんし床暖房にも使えるのがいいところです。

フローリングの修理をプロに頼むかどうかのポイントですがそのうち全面的に修復しようと思う場合は自分ですればいいでしょう。しかしまだ床が新しくしばらくは使わなければいけないならプロに依頼してください。他にも特殊な色の床の場合も自分でやるよりもプロにしてもらったほうが自然な仕上がりになります。一度自分でしてみて失敗したらプロに依頼するというのも方法です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です