Skip to content

フローリング修理を自分で行うためのアイテム

フローリング修理の方法は、手軽で家でできる方法もあります。まず、傷がついてしまったときに、傷を目立たなくしてくれる方法として、シートで拭くだけなので、誰でも簡単に細かな傷を目立たなくしてくれます。貼るだけで、フローリングの傷や色あせなどを一瞬で隠して修理することができるのは、キズ隠しシートです。気になる部分に張るだけで簡単に利用することができます。

フローリングのちょっとした傷には、クレヨンタイプの修理道具があります。かくれん棒というクレヨンのようなもので傷を埋めて、マニキュアを使って木目を書いたら完了です。この二つを使うことで、自然な仕上がりに仕上げることができます。家具の移動でできた傷などにおすすめです。

ちょっとしたフローリングの凹みには、へこんでしまった部分に濡れタオルをおいて、その上からスチームアイロンを30秒ほどかけるだけで、木材が水分を吸収して膨張することで凹みがなおります。ちょっとしたものならばおすすめの方法ですが、種類によてっては適さないものもあるため確認をしてから行うことがおすすめです。深い傷の場合には、キズなおしま専科ライトという商品がおすすめです。電熱コテで専用のスティックを溶かしながら凹みや傷を埋めていく方法で、プロのような仕上がりで修理することができます。

プロも使うアイテムのウッドリフレッシュは、木目を消すことなく傷を目立たなくしてくれます。使い方は簡単なのに綺麗に仕上がります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です