Skip to content

浴室リフォームのための費用

浴室のリフォームをするという場合でも、交換する設備そのものや工事の内容などによって、トータルでの費用はかなり違ってきます。そのため、浴室のリフォームをするに先立って、かならず施工業者から見積書を出させて、予算をオーバーしないように気をつけなければなりません。もしも費用面で不満があるのであれば、逆に業者と相談をすることで、設備のグレードを下げたり、別のメーカーのものに変えるといった、費用削減のための提案をしてもらえることもあります。実際のリフォームについてですが、たとえば高度成長期に登場したバランス釜とよばれる旧式の浴室給湯器を、現代風の屋外給湯器に交換した上、空いたスペースを埋めるような大型の浴槽に交換するといったケースがよくみられます。

このようなケースでは、浴槽のグレードにもよりますが、設備と工事費のいっさいを含めて50万円もかからずにリフォームできるというのが一般的な相場といえます。また、在来工法でつくられた浴室をまるごとユニットバスに交換するような工事であれば、こちらもユニットバスに含まれるシャワーの性能や浴室乾燥などの付帯設備の有無などにも左右されますが、おおむね100万円程度というのがめやすとなるでしょう。なお、さらにリフォーム後のイメージを得たいというのであれば、メーカーが開設しているショールームを訪れて、実際の製品を手で触れてみるというのも、たいへん参考になるといえるでしょう。防熱の窓のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です