Skip to content

浴室リフォームでバランス釜の交換

浴室のリフォームのなかでも多いのが、バランス釜とよばれる旧式の風呂釜を、最新の給湯器と浴槽に取り替えるというものです。賃貸住宅ですと、今では古い時代に建てられた公団住宅や、地方にある一戸建て賃貸などでしかお目にかかれなくなっていますが、高度成長期には爆発的に流行したタイプであり、一般家庭のなかにはまだ現役で活躍しているものもあります。こうした旧式のバランス釜の欠点として、蛇口をひねればお湯が出るというのではなく、つまみを回しながらいちいち手動で点火する必要があるほか、点火してからもお湯が出るまでにも長い待ち時間がかかり、すぐには風呂に入れないということがあります。また、この点火プラグの部分もしばしば故障などのトラブルに見まわれやすいものでした。

なによりも、バランス釜は浴室内でも浴槽の隣の位置に設置されるため、浴室の広いスペースをそのまま使用することができず、窮屈な思いをして入浴しなければならないというのが最大の欠点といえます。リフォームによってバランス釜を撤去すれば、その部分だけ新たなスペースが確保され、いっぽうで給湯器そのものは浴室外に設置すれば足りるため、さらに大きなサイズの浴槽を設置できるようになります。浴槽そのものも、現在のものはかつてのものとは違って、カビなどがつきにくくて掃除も楽にでき、また保温性能にもすぐれたものですので、リフォームによってあわせて交換することで、いつでも快適なバスタイムを楽しむことができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です